注入工事 エポキシ樹脂などをトンネルやコンクリート構造物のクラックに注入する工事です。

工法について

弊社の注入工事では、ボンドシリンダー工法を採用しています。

ボンドシリンダー工法とは、コンクリート構造物のひび割れにエポキシ樹脂を、自動的に低圧・低速で連続注入する工法のことです。

構造がシンプルで施工性が良く、作業管理も比較的容易に行えます。
それでいて確実な注入効果が得られるため、様々な現場で活躍しています。

page top

対象となる構造物

  • 橋脚ひび割れ補修
  • 柱ひび割れ補修
  • 床ひび割れ補修
  • 外壁ひび割れ補修
  • 外壁タイルひび割れ補修
  • 橋梁床板ひび割れ補修
  • 梁ひび割れ補修
  • 砂防ひび割れ補修

page top

使用材料

注入剤

タイプ 品名 混合粘度
(mPa・s)
適用
ひび割れ幅*1
JIS A 6024
適用品
国土交通省
適合品*2
JH
適合品*3
可視時間
(分)*4
混合比
超低粘度 E205 130±20
[20℃]
微細~小 45±10 3:1
低粘度 E206S 500±200
[23℃]
小~中 硬質形Lタイプ
一般用
1種 1種 50±10 2:1
E206SS 300±200
[25℃]
小~中 120±10 2:1
E206W 500±200
[23℃]
小~中 硬質形Lタイプ
冬用
1種 1種 35±10 2:1
中粘度 E207DS 12500±7500
[23℃]
中~大 硬質形Mタイプ
一般用
55±10 2:1
E207DW 12500±7500
[23℃]
中~大 硬質形Mタイプ
冬用
25±10 2:1
柔軟型
低粘度
E2420 600±300
[20℃]
微細~小の
可動ひび割れ
軟質形Lタイプ
一般用
3種 3種 55±10 2:1
柔軟型
中粘度
E2420D 7000±2000
[26℃]
中~大の
可動ひび割れ
軟質形Mタイプ
一般用
2種 2種 50±10 2:1

*1ひび割れ幅…微細:~0.2mm 小:0.2~0.5mm 中:0.5~2.0mm 大:20,mm~

*2国土交通省総合技術開発プロジェクト 土木補習用エポキシ樹脂注入材品規格

*3日本道路公団 構造物施工管理要領 ひび割れ注入工法用エポキシ樹脂系ひび割れ注入材の品質規格

*4温度上昇法(500g)

シール材

タイプ 品名 硬化時間(20℃) 可使時間(20℃) 混合比 備考
一般 E390 約12時間 約50分 2:1 *1
速硬化 クイックメンダー 約1時間 約5分 1:1
クイックメンダー30 約2時間 約20分 1:1
はくり可能 はくりシールONE 約12時間 1液型 はくり可能シール材

*1㈱公共建築協会「建築材料・設備材料等品質性能評価実施要領」
シール用パテ状エポキシ樹脂適合品

使用材料梱包形態

使用材料 品名 容量(セット数) 1ケース入数
注入器具 シリンダーセット 50cc用 100セット
シリンダーセットミニ 40cc用 100セット
入隅座金 入隅用
注入材 E205 4kgセット(主剤:3kg・硬化剤:1kg) 4セット
E206(S・W・SS) 3kgセット(主剤:2kg・硬化剤:1kg)
15kgセット(主剤:10kg・硬化剤:5kg)
4セット
E207D(S・W) 3kgセット(主剤:2kg・硬化剤:1kg) 4セット
E2420 3kgセット(主剤:2kg・硬化剤:1kg) 4セット
E2420D 3kgセット(主剤:2kg・硬化剤:1kg) 4セット
シール材 E390 6kgセット(主剤:4kg・硬化剤:2kg) 2セット
クイックメンダー 1kgセット 6セット
クイックメンダー30 1kgセット 6セット
はくりシールONE 333mlカートリッジ 20本(10本×2)

JISA6024 建築補習用注入エポキシ樹脂の品質規格

硬質系
試験項目 試験条件 低粘度系
(Lタイプ)
中粘度系
(Mタイプ)
高粘度系
(Hタイプ)
一般用 冬用 一般用 冬用 一般用 冬用
粘性 粘度(mPa・s) 23±0.5℃ 100~1000 5000~20000
チキソトロピックインデックス 23±0.5℃ 5±1
スランプ性 15±2℃ 5以下
30±2℃ 5以下
接着強さ(N/緕、) 標準条件 6.0以上 6.0以上 6.0以上
特殊条件 低温時 3.0以上 3.0以上 3.0以上
湿潤時 3.0以上 3.0以上 3.0以上
乾湿繰返し時 3.0以上 3.0以上 3.0以上
硬化収縮率(%) 標準条件 3以下 3以下 3以下
加熱変化 質量変化率(%) 5以下 5以下 5以下
体積変化率(%) 5以下 5以下 5以下
引張強さ(N/緕、) 標準条件 15.0以上 15.0以上 15.0以上
引張破壊伸び(%) 標準条件 10以下 10以下 10以下
圧縮強さ(N/緕、) 標準条件 50.0以上
軟質系
試験項目 試験条件 低粘度系
(Lタイプ)
中粘度系
(Mタイプ)
高粘度系
(Hタイプ)
一般用 冬用 一般用 冬用 一般用 冬用
粘性 粘度(mPa・s) 23±0.5℃ 100~1000 5000~20000
チキソトロピックインデックス 23±0.5℃ 5±1
スランプ性 15±2℃ 5以下
30±2℃ 5以下
接着強さ(N/緕、) 標準条件 3.0以上 3.0以上 3.0以上
特殊条件 低温時 1.5以上 1.5以上 1.5以上
湿潤時 1.5以上 1.5以上 1.5以上
乾湿繰返し時 1.5以上 1.5以上 1.5以上
硬化収縮率(%) 標準条件 3以下 3以下 3以下
加熱変化 質量変化率(%) 5以下 5以下 5以下
体積変化率(%) 5以下 5以下 5以下
引張強さ(N/緕、) 標準条件 1.0以上 1.0以上 1.0以上
低温時 1.0以下 1.0以下 1.0以下
加熱劣化時 1.0以上 1.0以上 1.0以上
引張破壊伸び(%) 標準条件 50以上 50以上 50以上
低温時 50以上 50以上 50以上
加熱劣化時 50以上 50以上 50以上

NEXCO構造物施工管理要領

ひび割れ注入工法用エポキシ樹脂系ひび割れ注入材の品質規格
項目 単位 1種 2種 3種 試験方法
ひび割れ進行区分*1 進行度A 進行度B 進行度C
ひび割れ幅*2 mm 0.2~5.0 0.2~5.0 0.2~5.0
未硬化の注入材 粘度(×10-3) Pa・s 1000以下 1000以下 JIS K 6833
チキソトロピックインデックス*3 4±1 JIS K 6833
可使時間*4 min 30以上 30以上 30以上 温度上昇法*5
収縮率 % 3.0以下 3.0以下 3.0以下 JIS A 6024
伸び率 % 50以下 100以下 JIS K 7113
モルタル
付着強さ
乾燥面 N/緕、 6以上 6以上 6以上 JIS A 6024
湿潤面 N/緕、 3以上 3以上 3以上 JIS A 6024
付着力耐久性保持率 % 60以上 60以上 60以上 JIS A 6024

これらの項目については、施工条件等を勘案の上、必ずしも基準値を満足する必要がないものと判断される場合、参考値として取り扱うことができるものとする。

*1ひび割れ進行区分
進行度A:日変化または温度変化によるひび割れの挙動、および構造に起因するひび割れの発生を対象とし、異常なひび割れ幅の進行がないもの。
進行度B:完全にひび割れ幅の進行が止まった保証が得られない場合。
進行度C:ひび割れ幅の増加が進行している場合。

*20.5mm以上のひび割れ幅は別途考慮することとしているが、材料は5.0mmまで対応するものを示した。

*3チキソトロピックインデックスとは、液状試料の揺変性の程度を表す。試験方法は、JIS K 6833を準用し、同一ローターでの2rpmにおける粘度と、20rpmにおける粘度の比をチキソトロピックインデックスとする。

*4機械式注入工法の場合は、可使時間の規定は適用しない。

*5温度上昇法とは、混合物の試料300gを500ccのポリ容器に採取し、試料の中央部に温度計または熱電対温度計を設置し、一定時間毎に試料の発熱温度を測定する。測定開始時間は混合開始からとする。発熱温度が急速に立ち上がる試料は、その立ち上がり時間の70%を可使時間とする。発熱温度の急速な立ち上がりのない試料は、最高発熱温度到達時間の50%を可使時間とする。